FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ねこみみとはらわた

ねこが好きだ。
ねこを見つけると意味もなく10分ほど観察していたりする。
とても狩猟用とは思えないファンシーなボディにめろめろだ。

しかし実際に飼ったことは一度もない。
なのであまり触ったこともない。

そのさほどないねこを触った経験からいうと
ねこみみの感触は最高だと思う。
柔らかいようで固く
表面がふさふさでありながらもつるつるなのだ。
まさに三大珍味珍触に数え上げてもいい
海原雄山も大満足の一品だ。

それに対して胴体。
知っての通りねこは胴体を持つと
ぐにょーんとのびる。
なんでそんなにのびるんだと言うくらいのびる。
擬音付きだ。

そののびた胴体を触ると
なんともなまあたたくぐにぐにとしているのだ。
それを触るたび私は
ああ、はらわたがあるんだなぁと感じる。

はらわたなんてものは実生活ではあまりみることもないので
イメージでしか存在しないようなものだ。
そして「はらわた(を見る)=死」的なイメージが
私の中にはあるので
「ねこの胴体(を触る)=死」的な方程式が成り立ってしまう。

ねこは可愛いながらも死の象徴なのだ。
きっと夜な夜な人の魂とかを狩っているに違いない。
なので私はねこを愛でることはしても触ったりはしない。
決して、触りたいけど逃げられて触れないから
負け惜しみを言ってるわけではない・・・。

どうして逃げるんだろう・・・食べちゃいたいほど好きなのに・・・
いつかねこの飼える家に住むのが夢です。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私のことどれくらい好き?

「私のことどれくらい好き?」「そんなの知ってどうするの?」(どういう単位で表せばいいの?)「だって、知りたいやん」「知ってどうするの?」「知って、ああそうなんだあ、って思うの」「いっぱい好きだよ」          
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怠

  • Author:怠
  • 特技 だるまること
    将来の夢 マナティー
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。