コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ちとこの違い

今日はちとこの違いについて検証したいと思う。
ではどのような違いについて考えるのか
ひらがなの形の違いなどについてなどではない。
これらの文字が単語の語尾に付いた時
その単語がどのように異なったイメージを与えるか
について検証するのだ。

その単語とは・・・
「うん○」である。

そんなの違いなんてないんじゃないのかと思った人はまだまだです。
それは言うなれば
カレー味のうんことうんこ味のカレーなんて
どっちも一緒だと言ってるのと同じです。

・・・うんこ味ってどんなのなんでしょうね
純粋に興味が沸きます。
うんこを食べて確かめようとかは微塵も思いませんが。

それはともかく
ちとこの違いです。
私のイメージで言うと

ちは巻いてるもの
こは現実的なもの

ちはいわゆる漫画に出てくるようなアレです。
分からない人はアラレちゃんとか見ると良いかも。
こはそこらに落ちてるやつです。
かりんとうとかを連想すると凶。

するとちのほうは存在しないのでしょうか・・・
妄想の産物なのでしょうか・・・
いえ、諦めてはなりません。
ちの存在可能性を探ってみましょう。

とりあえずかなりの長さのアレが必要です。
よってそれを溜めておくところも長くなければなりません。
つまり肉食や雑食動物では腸の長さの関係上無理だと思われます。
したがって可能性は草食動物に絞られます。

腸が長い方が良いのだから体も大きい方が良いでしょう。
というわけでゾウやらキリンやらが最有力です。
しかし動物園ではそのようなものを見たことがありません・・・
有るのは高いところから落とされてつぶれた
丸いアレだけです。

ちの方を作るためにはもっとアーティスティックな動きが不可欠なのです。
現行の草食動物には無理だろうと言わざるを得ません。

やはりちの方は幻の物体なのです。
なので幻の生物に望みを託してみましょう。
ゾウやキリンなどよりよほど適して居そうな恐竜です。

恐竜も頭は悪かったそうですが
かつて地球上に多数存在しており
化石となって今も残っているくらいですから
奇跡的にそのような形のものもあるかもしれません。

どっかに埋まってないかなぁ・・・うんちの化石・・・。


関係ないけど「○んこ」ってすると意味深ですよね?
スポンサーサイト

テーマ : かなりどうでもいいこと
ジャンル : 日記

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

怠

  • Author:怠
  • 特技 だるまること
    将来の夢 マナティー
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。